×

【読書感想】 去年の冬、きみと別れ 中村文則

目次 [隠す]

記事画像

あらすじ

ライターの「僕」は、ある猟奇殺人事件の被告に面会に行く。彼は二人の女性を殺した罪で死刑判決を受けていた。だが、動機は不可解。事件の関係者も全員どこか歪んでいる。この異様さは何なのか? それは本当に殺人だったのか?「僕」が真相に辿り着けないのは必然だった。なぜなら、この事件は実は――。話題騒然のベストセラー、遂に文庫化!
――本書より引用

読書感想

読みどころ

  • 幾重にも仕掛けられた謎が徐々に解き明かされていく過程を楽しむタイプのミステリ作品。
  • 作品そのものにも仕掛けが施されている。
  • 映像化された同タイトル作の原作。(2018年公開)

※ここからはネタバレを含みます。

登場人物

  • 僕……………ライター。編集者の小林から木原坂雄大の事件について執筆を依頼される。
  • 木原坂雄大…二人の女性を焼死させた罪で死刑囚となった写真家。 
  • 木原坂朱里…木原坂雄大の姉。
  • 弁護士………木原坂朱里の交際相手だったが、彼女に捨てられ復習を企てる。
  • 小林…………編集者。吉本亜希子の元彼。「僕」に木原坂雄大の事件について執筆を依頼する。
  • 吉本亜希子…小林の元彼女。目に障害がある。木原坂雄大の写真モデルとなり、その後、殺害される。
  • 小林百合子…旧姓は栗原。借金があり風俗で働いていたが、「弁護士」から新しい身分と引き換えに復讐計画の手伝いを持ちかけられる。
  • 鈴木…………人形師。応仁の乱の時代に生きたカラクリ人形師の話を木原坂に話したことがある。
  • 斉藤…………K2メンバー。生きている人間の人形を作ったことで起きた出来事を木原坂に話したことがある。取材対象のひとり。
  • 加谷…………木原坂雄大の同級生。大学院で数学研究の後に中規模の自動車部品メーカーで働く。
  • 雪絵…………「僕」の彼女。
  • K2…………人形師の鈴木に人形制作を依頼したメンバーたちのグループ。

幾重にも仕掛けを施したミステリ作品

二人の女性を焼死させた罪で死刑となった男「木原坂雄大」と対峙する、一人称「僕」の語りから物語は始まる。この独特な雰囲気はこれまでの著書に見られる文学作品を予感させるのだが、本書は幾重にも仕掛けを施したミステリ作品としての色合いが強い。9章あたりからはほぼ謎の解説である。映像化もされるということで期待して読み始めたのだが...。

感想というよりは情報の整理

そんな具合なので特に感想というものは思い浮かんで来ず、ということでネタバレになるがどういう仕掛けだったのか自分なりに整理した内容を記す。

  • 木原坂朱里に捨てられた「弁護士」と、彼女だった吉本亜希子を木原坂姉弟に殺された編集者「小林」が手を組み復習を遂げる話。
  • 語られる背景の分量や濃度からして主人公は「僕」ではなく「小林」という印象が強い。
  • 木原坂雄大の中には何もなく人に影響されやすい。人形師の鈴木とK2メンバーの斉藤が彼に話した内容が事件を起こす要因となった可能性がある。
  • 借金に苦しんでいた栗原百合子は新しい身分と引き換えに小林たちの復習に手を貸し、アリバイ作りのため小林と籍を入れ「小林百合子」となる。
  • ライターの「僕」が木原坂朱里だと思っていた相手は小林百合子。
  • まず木原坂雄大に2度目の焼死事件を起こさせ死刑相当の罪を負わせる。
  • 続いて焼死させる相手となる小林百合子を木原坂朱里と入れ替え、雄大に朱里を知らずして殺害させる。吉本亜希子が殺害された方法を朱里にやり返した。
  • 一連の真相を本として出版し、死刑が確定した雄大に読ませる。吉本亜希子が好きだったという小林がつくる本という形で復習は完結する。
  • 作品冒頭の献辞「M・M」は木原坂雄大、「J・I」は吉本亜希子のそれぞれ本名のイニシャルであり、本書そのものが「復習のために小林が出版したもの」というトリック・ミステリということか。
去年の冬、きみと別れー人物関係図
人物関係図

木原坂姉弟の暗部や、人形師の元に集まった者たちの薄暗い闇の部分などには、著者が得意とする文学作品として昇華できる要素がたっぷり詰まっているように思うのだが、この物語においては伏線の穴を塞ぐためのアリバイ程度にしか感じられなかった。

一人称「僕」の語りによる著者の作品は大好きなのだが、ミステリの要素が大きくなればなるほど「僕」の存在が埋没し、作品としての魅力も失われているように感じるのは私だけだろうか。凡庸なミステリ作品を読んだときと同じ後味だった。

お気に入りの中村文則作品

著者のデビュー作。初めて読んだときの衝撃は今でも忘れられない。

銃 中村文則 (河出文庫) | neputa note

銃 中村文則 あらすじと感想。雨が降りしきる河原で大学生の西川が出会った動かないくなっていた男、そのの傍らに落ちていた黒い物体。圧倒的な美しさと存在感を持つ「銃」に魅せられた彼はやがて、「私はいつか拳銃を撃つ」という確信を持つようになるのだが……。TVで流れる事件のニュース、突然の刑事の訪問――次第に追いつめられて行く中、西川が下した決断とは? 新潮新人賞を受賞した衝撃のデビュー作! 単行本未収録小説「火」を併録。偶然拾った「銃」と対話し共に過ごしいつしか飲み込まれていく男を描いた文学作品。「ディティールこそすべて」と言わんばかりの淡々とした描写の連続がわたしのハートを鷲掴み。デビュー作でこの作品を文学界に放り込んできた著者はやっぱ凄い。

記事画像

個人的にはこの作品が一番好き。非常に暗い内容ではあるが、非常に愛おしいと感じる作品。芥川賞受賞作。

土の中の子供 中村文則 (新潮文庫) | neputa note

土の中の子供 (中村文則) あらすじと感想あらすじ27歳のタクシードライバーをいまも脅かすのは、親に捨てられ、孤児として日常的に虐待された日々の記憶。理不尽に引きこまれる被虐体験に、生との健全な 距離を見失った「私」は、自身の半生を呪い持てあましながらも、暴力に乱された精神の暗部にかすかな生の核心をさぐる。人間の業と希望を正面から追求し、 賞賛を集めた新世代の芥川賞受賞作。著者初の短篇「蜘蛛の声」を併録。読書感想もう何度目かわからないが再びこの作品を読んだ。人生を生きることは川を渡ること、そんな言葉を耳にしたことがある。しかし、目の前の川の深さがわからないとき、臆病な私はその場に立ちすくむしかなく、人生のもっとも深い底の部分を確かめる行為を促してくれるのが本書であったりする。

記事画像

「土の中の子供」と同じか次ぐらいに好きな作品。著者の真骨頂を感じる作品。

遮光 中村文則 (新潮社文庫) | neputa note

遮光 (新潮社文庫) 中村文則 あらすじと感想。 恋人の美紀の事故死を周囲に隠しながら、彼女は今でも生きていると、その幸福を語り続ける男。彼の手元には、黒いビニールに包まれた謎の瓶があった――。それは純愛か、狂気か。喪失感と行き場のない怒りに覆われた青春を、悲しみに抵抗する「虚言癖」の青年のうちに描き、圧倒的な衝撃と賞賛を集めた野間文芸新人賞受賞作品。若き芥川賞・大江健三郎賞受賞作家の初期決定的代表作。 文学色が濃厚な中村文則氏の初期の作品。本当の自分(あるいは意識)をまだ捉えきることができない揺れる若き青年の心情を鮮明に描いている。その青年をひどく揺さぶるものは恋人の死であり、彼女の体の一部と共にさまよい続ける先に光はあるのか。

記事画像

姉妹作である「掏摸」「王国」の2作品。個人的には「掏摸」の方がお気に入り。

掏摸 ・ 王国 <2作品> 中村文則 (河出文庫) | neputa note

掏摸 ・ 王国 (中村文則) <2作品> のあらすじと感想。掏摸は西村というスリ師の男、王国は 鹿島ユリカという娼婦の女が謎の男、木崎と対峙する兄妹作品でそれぞれ共通する部分と異なる部分を比較しながら読むと楽しめる。どちらにも登場する木崎という男は、2015年出版の同著者『教団X』の教祖を彷彿させる人物であり、教祖とか圧倒的な悪とか意味わからんかった、という人には、理解の助けとなる2冊。それぞれ個別にストーリーが完結するのでどちらから読んでも楽しめる。掏摸は文学色が濃く、王国はサスペンス要素があり読みやすい。

記事画像

死刑囚が登場するが本作とは作品の傾向は異なる。心の内側に肉薄する迫力はこの作品の方が強く感じられた。

何もかも憂鬱な夜に 中村文則 (集英社文庫) | neputa note

何もかも憂鬱な夜に (中村文則) のあらすじと感想。施設で育った刑務官の「僕」は、夫婦を刺殺した二十歳の未決囚・山井を担当している。一週間後に迫る控訴期限が切れれば死刑が確定するが、山井はまだ語らない何かを隠している―。どこか自分に似た山井と接する中で、「僕」が抱える、自殺した友人の記憶、大切な恩師とのやりとり、自分の中の混沌が描き出される。芥川賞作家が重大犯罪と死刑制度、生と死、そして希望と真摯に向き合った長編小説。聖夜を前に読むにふさわしいかは迷ったが、買い置きしておいた本作を読み始めた。主人公は施設で育ち、幼い日に親友を亡くした。その後、刑務官として働き、死刑判決を受けた少年とのかかわりから自身の幼い日の記憶と向き合っていく。

記事画像

本作についてはうまく楽しむことができなかったが、個人的にとても好きな作家さんなので機会あるごとに他作品も読んでいきたい。

著者について

中村文則 Nakamura Fuminori
一九七七年愛知県生まれ。福島大学卒。二〇〇二年『銃』で新潮新人賞を受賞しデビュー。〇四年『遮光』で野間文芸新人賞、〇五年『土の中の子供』で芥川賞、一〇年『掏摸』で大江健三郎賞を受賞。作品は各国で翻訳され、一四年に日本人で初めて米文学賞デイビッド・グディス賞を受賞。他の著作に『何もかも憂鬱な夜に』『教団X』『あなたが消えた夜に』など。
公式HP http://www.nakamurafuminori.jp/
――本書より引用

Comments

0 件のコメント :