×

目次 [隠す]

TOPイメージ
Photo by:Aaron Burden onUnsplash

はじめに

「読書」してますか?

個人的な話で恐縮ですが、私はと言いますと「視力激落ち」「Netflixという名の時間泥棒」のダブルパンチにより、読書時間が減少気味の今日このごろです。

しかし素晴らしい本が日々出版され、その魅力に抗うことはできず眼精疲労と闘いながら読書を楽しんでいます。

紙の本と電子書籍

読書といえば、従来は紙の本があたりまえでしたが、昨今はマンガ専門・電子専門サービスが牽引により、電子書籍もだいぶ浸透してきたように感じます。

みなみなさまは、紙の本、電子書籍、どのように利用しているのでしょうか。非常に興味があるところですが、わたしは「半々」、いや本棚が溢れてしまった現在はやや電子書籍の購入機会が増えているといったところでしょうか。

本屋さん?ネット?書籍の購入手段

紙の書籍を購入する場合、みなさんはどのよう方法を選んでいますでしょうか。

様々な商品がオンライン購入できるようになった昨今、紙の本も今ではネットが主戦場に移行しつつあるのかもしれません。

調べてみると、新型コロナウイルスの影響もありネットショッピングの利用傾向はますます増加しつつ、リアル書店は大型店舗も次々に閉店するなど明暗を極めているのが実情なようです。

統計局ホームページ/統計Today No.162

総務省統計局、統計研究研修所の共同運営によるサイトです。国勢の基本に関する統計の企画・作成・提供、国及び地方公共団体の統計職員に専門的な研修を行っています。

書店消失 ~ 私たちはどこで買い物するのか(中村智彦) - 個人 - Yahoo!ニュース

書店がなくなり、百貨店がなくなり、商店街がシャッター通りとなって、家に居ながらにしてあらゆるものを購入できるようになった。私たちは、これからどこで買い物をすることになるのだろうか。

blog card

一方で電子書籍の各社シェアも気になるところです。「アマゾン強し」は変わらずですが、電子書籍専門サービスが続々と増え、テレビCMや電車の中吊り広告でもよく見かけます。

以上のように書籍の形態から購入手段までさまざまな選択肢がありますが、私は4年前に「脱・アマゾン」を宣言し、「ハイブリット型総合書店 honto」を利用しています。

「Kindle」から「honto」に乗り換えてみた ~電子書籍サービス10社の比較と移行について~ | neputa note

このたび電子書籍サービスを「Kindle」から、「honto」に乗り換えました。乗り換えの経緯、電子書籍サービス10社を比較し「honto」に決めた理由、「honto」の良さについてまとめました。日本

blog card

「ハイブリット型総合書店」というのは、「アマゾン」や「紀伊国屋ウェブ」と同様、「紙の本と電子書籍の両方を取り扱っている」ことを意味しています。

先程の記事にもありますように、書籍に関するサービスにおいて「アマゾン」が最強であり、サービスの充実度もナンバー・ワンだと思います。

それなのになぜ「honto」なのか?「honto」とはどんなサービスなのか?をお伝えするのがこの記事の主旨となります。

なぜ「脱・アマゾン → honto」なのか?

「Kindle」から「honto」に乗り換えてみた』に詳しく書いたのですが、あまりにアマゾンに依存した生活を送っていたこと、アマゾンが徐々にEvilと化し始めた、この2点が「脱・アマゾン」へと私を駆り立てた主要因です。

まあ簡単にいうと「思想」です。

特に後者の「アマゾンEvil化」について。

私は国境などという目に見えない概念などクソ喰らえ派なので「アマゾン」が海外企業である点は気になりませんが、出版というのはどうしても言語との結びつきから地域性を意識することが避けられないと考えています。

アマゾンは先進的なサービスを次々市場に投入するスゴイ企業だと思うのですが、その破壊的な手法は、たとえ日本の出版界が滅び去ることも厭わぬように思えるニュースが耳に入ることが増えてきました。

日本語話者であり日本語作品を愛する者の一人として、日本語の書き手・読み手・流通を大切にし、参加者の一人であることを公言し、発展に貢献してくれる企業のサービスを利用しよう!そうしよう!と、比較検討した結果、『honto』に至ったのです。

「honto」とは

長らく御託を並べてまいりましたが、「honto」について詳しく紹介をして行きたいと思います。

honto(ホント)は、大日本印刷が運営するオンライン書店、マルチプラットフォーム型電子書籍配信・販売サイトである。

運営母体は国内印刷業界2強の一角「大日本印刷」です。(もう一つは「凸版印刷」)

特に電子書籍は所有権が購入側に無いサービスです。よって継続性は非常に重要です。運営母体が大きいことはメリットのひとつとしてカウントしても良いのではないでしょうか。

「honto」は紙の書籍のオンライン販売、電子書籍のほか、リアル書店と連携したサービスも行っています。

当初のサービスは2001年から、「honto」としては2010年から続く老舗といえるサービスなのです。

それでは「honto」が持つサービスの特徴をもう少し詳しく紹介してみたいと思います。

「honto」の特徴・おすすめポイント

hontoのブックライフ画像
Photo by:honto.jp

「紙の本」「電子書籍」両方を取り扱っている

電子書籍専門や紙の本をオンラインで買えるサービスは多々ありますが、意外と「どちらも」取り扱っているサービスは限られてきます。

「honto」は大丈夫、どちらも取り扱っていますしどちらも同じ検索窓で探すことができます。

honto検索説明

そして電子書籍の方は常時さまざまなクーポンが配布されており、タイミングが良ければ割引率が高いクーポンでお得にお買い物ができたりします。

紙の本は、3,000円以上のお買い物で送料無料となります。(3,000円未満の場合は330円)

Amazonのように一冊でも無料というわけにはいきませんので、まとめ買いをするなどして送料を抑える工夫が必要です。

海外のように書籍の値引きやセールを認めてこなかった経緯により、価格についても流通においても電子書籍はかなり有利なサービスとして進化しているように感じます。

送料・手数料 - honto

リアル書店と連携したサービスがある(共通ポイント・在庫検索)

「honto」は丸善・ジュンク堂・文教堂といった大型書店と連携したサービスを行っています。

通年サービスとしては、「共通ポイントサービス」と「各書店の在庫検索」があります。

その他キャンペーンとして、店舗受取りや、オンラインとリアル書店の両方利用でポイントが多くもらえるサービスなどもあったりしますが、共通ポイントサービスと在庫検索についてご紹介します。

共通ポイントサービス

hontoには、「hontoポイント」というポイントサービスがあります。

hontoポイントとは?

オンラインの場合(電子書籍・紙の本共通)はお買い物100円につき1ポイント、リアル書店(MARUZEN・ジュンク堂・文教堂・啓林堂書店)の場合はお買い物200円につき1ポイントが貯まります。

※使うときは、1ポイント=1円相当

ポイントの還元率はオンラインとリアル書店で2倍の違いがあります。

「せっかく連係しているリアル書店でのお買い物にメリットがないじゃないか」なるところですが、その点をうまくカバーしてくれる仕組みがあります。

リアル書店の利用において、hontoポイントは他のポイントサービスと連係し同時にポイントが貯まる仕組みがあるのです。

hontoカード連携サービス - honto

連携可能なポイントサービスは以下の3つです。

  • Ponta
  • dポイント
  • 楽天ポイント

さすがに3つすべては選べません。上記のいずれかを選び、hontoのポイントアプリやhontoポイントカードと連携しておくと、お買い物ごとにhontoポイントと同時に選択したポイントサービスのポイントが貯まるようになります。

ポイントの還元先は2箇所となりますが、還元率2倍。還元率だけ見ればオンラインと同じになります。

オンラインでもリアルでもお得にお買い物ができるのはうれしいです。

各提携書店の在庫検索

ネットで事前に店舗に本があるか確認し、あればそのままお取り置き予約ができます。

新書で配送を待っていられずすぐに必要な場合、どれぐらいの頻度で起こるかわかりませんが、そんなときはとてもありがたいサービスです。

発売から日が経ってしまい売れ筋でもないため在庫が少なくなってしまっているだろう漫画本、電子書籍版がない専門書などを購入する機会に私はよく利用しています。

店舗在庫を見る - honto

ポイント・クーポンのコンボでKindleより安く買えることも

hontoには様々なクーポンが常時配布されています。

その多くは電子書籍向けがほとんどですが、中には紙の本共通で数%を割引してくれるクーポンもあります。

クーポンの種類としては、期間限定で数十%OFFやジャンル、出版社単位で値引いてくれるものなどさまざまです。

タイミングよく高値引率のクーポンをゲットし、ポイントと組み合わせるとかなりお得にお買い物が可能です。

アマゾンのように書籍単位で値引きが入らないので、なるべくまとめて購入する必要が生じますが、時期によってはhontoの方が安く買えるなんてこともあったりします。

クーポンの使い方 - honto

新規会員限定・電子書籍50%OFFクーポン!

新規にhontoにアカウント登録すると、もれなく電子書籍限定とはなりますが、50%OFFクーポンをもらうことができます。

割引金額の上限は5,000円、有効期間中に1回のみ、1回の注文の合計金額より50%が値引きされます。

かなりお得なクーポンなので、もしまだhontoを利用したことが無ければアカウント登録して50%OFFクーポンをゲットしてみてはいかがでしょうか。

hontoバナー

紙で買ったら電子書籍は半額!読割50

これは他では聞いたことがない、なかなか素敵なサービスだと思います。

読割50とは
Photo by:読割50とは - honto
本の通販ストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂のhontoポイントサービス実施店にて対象の紙の本を購入してから5年間、同一タイトルの電子書籍が50%OFFで購入できるサービスです。
紙の本購入時に電子書籍が未発売の場合、紙の本購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

なるべく紙で買いたい本ってあるのですよね、思い入れがあって。しかし現実は厳しいもので、やがて本棚は限界に達してしまうのです。

そこで「読割50」の登場です。

「紙の本で購入してきたけど本棚がいっぱいになってきたので電子書籍に買い替えたい」、そんなお悩みを半額で請け負ってくれる、私にとっては神サービスだったりします。

他にも引っ越しや貸したりして紛失してしまった本、中古で売ってしまったけど電子で良いのでもう一度読みたい本など、さまざまなシチュエーションで役立つと思います。

無料で読める、お試し無料配信

無料・試し読み特集 - honto電子書籍ストア

昨今あたりまえになりつつある無料で読めるお試しサービスですが、もちろんhontoにもあります。

配信中のラインナップは毎月変更があり、これを書いている1月21日現在では、20,083作品が配信中となっています。

やはり漫画が多いですが小説や雑誌などもあるので新しい作品を見つけたり暇つぶしにとりあえず読んで見るなどもできますね。

しおり、ブックマーク等、多機能hontoビューワアプリ

電子書籍リーダーのいらない「hontoビューアアプリ」 - honto

hontoの電気書籍を読むにはアプリをインストールするのがおすすめです。

ブラウザでも読むことができますが、アプリでは栞や好きな文章をマーキングするなど多くの機能を使うことができます。

アプリが対応している端末は以下のとおりです。

  • Windows
  • MacOS
  • Android
  • iOS

ちなみにブラウザビューアは以下のブラウザに対応しています。

  • Google Chrome
  • Microsoft Edge
  • Safari

アプリの主な特徴は以下のとおりです。

  • 端末5台まで利用可能
  • 進捗の共有
  • ページブックマーク、文章マーキング
  • ジャンルやシリーズ以外に任意のカテゴリで整理できる書棚機能
  • フォントカスタマイズ

最近のビューワアプリはどこもそれほど違いは無いと思いますし、hontoのアプリも必要十分な機能が備わっていると思います。

私はPC x 2、タブレット、スマホにインストールし、今のところ快適に利用することができています。

Bookmeterやブログに読書感想を書くので、ページブックマークや文章マーキング機能はかなり重宝しています。

マークした箇所を一覧で表示することもできるので、あとから気になった箇所を見返すのにとても便利です。

ブックキュレーターによる書籍のオススメがコーナーがある

hontoはブックキュレーターさんによるおすすめページがとても充実しており、新しい本との出会いの場所として利用できます。

hontoブックキュレーター - hontoブックツリー

連載ブックツリーが開始!タレントの壇蜜、「ハゲタカ」著者・真山仁、「池袋ウエストゲートパーク」著者・石田衣良、「君の膵臓を食べたい」著者・住野よる、「嫌われる勇気」共著者・岸見一郎、経営学者・野中郁次

blog card

ブックキュレーターさんの顔ぶれもなかなかです。

hontoブックキュレーター一覧 - hontoブックツリー

かなり幅広いジャンルの方が参加されており、当然のことながら紹介されている書籍も多岐にわたります。

私は読書メーターでフォローしている方々の感想や、このブックキュレーターさんのオススメから新しい書籍を探すことが多いです。

hontoユーザでなくとも、出版関連コンテンツとして楽しめるのでぜひ多くの方に知ってもらえるといいなと思っています。

ペアドク

これはまだ試したことが無いのですが、興味のあるサービスです。

ペアドクとは?

2人でペアになって同じ本を読んで話す
「ペア読書」から広がるサービスです。

ペアドク:出会って30分で、素で話せる

ペアドク:出会って30分で、素で話せる|2人でペアになって同じ本を読んで話す「ペア読書」から広がるサービスとコミュニティです。

blog card

正確にはhontoのサービスというよりは、母体である大日本印刷が展開する読書を中心としたソーシャルサービスといった印象です。

読書は著者とつながりが生まれつつも非常に孤独な行為です。

かつて「読書は孤独で苦手」と言った人がいましたが、このサービスがあれば読書にハマってくれたりしたのかな?と思ったりもします。

様々なイベントを企画したりなかなか楽しそうなサービスでもあるので興味がある方はのぞいてみてはいかがでしょうか。

さいごに

ここまでつらつらとhontoの魅力について書き連ねて参りました。

もし興味を持っていただけたらぜひhontoを利用してみてほしいと思いますが、それ以上にみなさまがご自身にったサービスと出会い、より充実した読書ライフを過ごされることを願っています。

そして日本語の書籍文化が途絶えることなく、今後も素晴らしい作品が流通し続けてほしいものです。

長文・駄文にお付き合いいただきありがとうございました!

ハイブリッド型総合書店「honto」のススメ

目次 [隠す]

windows neovim ロゴ

本記事の経緯と主旨

VSCodeでVimエミュレータの拡張機能を使用しているが、何かと制限があり、かゆい所に手が届かず、小さなストレスがだいぶ蓄積されてきた今日このごろ。

ふと目にしたこの記事が気になった。

ASCII.jp:VSCodeのvim操作を高速化! vscode-neovimを導入してみた

FIXERがお届けするアドベントカレンダー企画第2回、vscode-neovimでVSCodeのvim操作を高速化しつつ.vimrcも使えるようにしてみました。

blog card

特にこのくだり。

VSCodeVimのようにVIMをエミュレートするのではなく、NeoVimとVSCodeを統合する拡張機能です。ほとんどの操作を埋め込まれたNeoVimインスタンスで動作させるので速いらしい

まさに求めているものではないか。

しかし「Neovim」である。

噂はずっと耳にしているがトラディショナルVimから移行するキッカケがなかったので完全に未知である。

だがこれは神の啓示だ。

オレのVimが、ついに「Neo」になる時がきたのだ。

とりあえずWindows10のメインPCとUbuntu20.04のノートPCにNeovimをインストールし、init.vimを共通化できるようにあれこれやりつつ、どうにか使える状態にこぎつけたのでこれは後日まとめる。

今回の主題は、『Windowsのエクスプローラで、ファイル右クリックからのコンテキストメニューに「Neovimで編集する」を追加したい』である。

本記事のゴール

ファイルを右クリックしたコンテキストメニューに「Neovimで編集する」を追加する

メニュー選択により、該当ファイルをPowerShell in Windows Terminalで開く

環境

OS - Windows10 Pro 21H2
Neovim - v0.6.1
Windows Terminal - v1.11.3471.0
PowerShell - v7.2.1

作業手順

エディタで下記コードを記述したファイルを拡張子「.reg」で任意の場所に保存する。

※Neovimのパスは C:\Apps\Neovim を前提にしているので適宜修正を(6カ所)

Windows Registry Editor Version 5.00

  [HKEY_CLASSES_ROOT\*\shell\nvim]
  @="Edit with Neovim"
  "Icon"="\"C:\\Apps\\Neovim\\bin\\nvim-qt.exe\""

  [HKEY_CLASSES_ROOT\*\shell\nvim\command]
  @="wt -p \"Windows PowerShell\" --title neovim C:\\Apps\\Neovim\\bin\\nvim.exe \"%1\""

  [HKEY_CLASSES_ROOT\directory\shell\nvim]
  @="Neovim Here"
  "Icon"="\"C:\Apps\\Neovim\\bin\\nvim-qt.exe\""

  [HKEY_CLASSES_ROOT\directory\shell\nvim\command]
  @="wt -p \"Windows PowerShell\" --title neovim C:\\Apps\\Neovim\\bin\\nvim.exe \"%v\""

  [HKEY_CLASSES_ROOT\directory\background\shell\nvim]
  @="&Neovim Here"
  "Icon"="\"C:\\Apps\\Neovim\\bin\\nvim-qt.exe\""

  [HKEY_CLASSES_ROOT\directory\background\shell\nvim\command]
  @="wt -p \"Windows PowerShell\" --title neovim C:\\Apps\\Neovim\\bin\\nvim.exe \"%v\""

作成した「reg」ファイルをダブルクリックまたはEnterで実行し、「はい」を選択。

スクリーンショット

この状態ではコンテキストメニューの表示が「Edit with Neovim」なのでレジストリエディタで編集する。「あとで編集するなら直接regファイルに書けばよかったじゃん」と思うのだが、日本語がうまく認識されなかったので、この手順とする。

スクリーンショット

Winキー + R で「ファイル名を指定して実行」を開き、「regedit」と入力してEnterでレジストリエディタをオープン。

HKEY_CLASSES_ROOT\*\shell\nvim の「既定」を右クリック→修正で、データの値を編集する

スクリーンショット

右クリック、オッケー。

スクリーンショット

Windows Terminal の PowerShellで開いている、オッケー。

スクリーンショット

以上。

参考

Neovim Windows installer: Add "Edit with Neovim" to right click menu similar to gVim · Issue #7222 · neovim/neovim

「Neovimで編集する」をコンテキストメニューに追加する【Windows10】

OneThird image

「OneThird」という睡眠記録アプリを個人開発しています

個人開発で細々と、日々の睡眠を記録する「OneThird」というアプリを公開している。

OneThird | neputa note

It is on the page of Mobile App "OneThird". モバイルアプリ「OneThird」に関するページです。

blog card

リリースから約1年経過し、これまで5回のバージョンアップを重ね、昨日6回目のアップデート版を公開した。

特に目立った機能追加などはないが、このアプリを最も使用しているのが私であり、私がより使いやすくなるように更新を行っている。

しかし、今回の更新はサインアップ機能を持つがゆえにプライバシーポリシーを掲げているアプリプロバイダの義務として、ユーザが自分でアカウントを削除できる機能を実装するというもの。

それと同時に、ユーザには関係ないが内部的に気持ち悪い実装だった箇所のリファクタリングを行った。

【個人開発・モバイルアプリ】今後の作業を整理する【Xamarin・Azure】 | neputa note

日々の睡眠時間を手入力で記録するモバイルアプリ(アンドロイドのみ)を公開している。今年は身内でいろいろとあり、年初にリリースして以降バージョンアップをサボっていた。やらなければと思うことが溜まっている

blog card

上記の記事に詳しく書いたが、今回の追加機能であるユーザ削除において、結果的にアプリから「Azure AD B2C」のユーザ情報を操作するために「Azure Functions」によるAPIをかますことにしたのは、当初の予定としては不本意であったが、「サーバレス」の意味合いや、APIを初めて作成するなど良い機会となった。

ひとつ気になるのは、利用者が少ない私のアプリだとしばらく稼働していない「Azure Functions」を最初に呼び出す人になってしまうとレスポンスが遅い。結果、サインインが気になるレベルで時間がかかるようになってしまった。

これは次期課題としたい。

というわけで、毎日コツコツ睡眠記録をスマホで記録してみたい方はぜひ利用してみていただけるとありがたい。

Google Play で手に入れよう

個人開発スマホアプリ更新「OneThird」を更新した

目次 [隠す]

TOPイメージ
我が家のアイドル

年が明けたので昨年を振り返り、今年のことをぼんやり考えてみる。

ブログという少ないながらも人目にさらされる場所で己と向き合うことは、怠惰な自分を動かすには大変よい。(うっかり訪れてしまった方には申し訳ない)

昨年やろうと思っていたこと

昨年の年初につらつらとメモに残していたものを引っ張り出してみる。

全部で7つ、達成できたのは「読書時間を増やす」の1つのみ、達成率14%。

  1. パートナーの写真集を作る
  2. 我が家のアイドル文鳥さんの写真集を作る
  3. 手話の勉強を始める
  4. 読書時間を増やす
  5. Duolingo ドイツ語終わらせる
  6. 倫理を学ぶ
  7. ドナー登録

列挙しただけではだいぶ不親切な走り書きであり、やや誤解を生む可能性もあるので説明と今後どうするかを記載する。

パートナーの写真集を作る

これは文字通り。

1年間に撮りためた妻の写真をプリントショップで一冊の本に製本してもらうつもりであった。

しかし、これは少々変態的であるのはないか、どうなのか、と疑義が生じた。

結果、妻のみではなく、二人で思い出に残る写真を撮りため、年末に家族アルバム的なものを毎年つくろうとなった。

だが、写真を撮ることに慣れていない我々はあまりに大量の撮影を行ってしまった結果、「年末に一気に選ぶとか無理」となってしまった。

そこで、2021年はもうあきらめることに決め、今年は、毎月マンスリーベストショットを選んでいき、年末に12ヵ月分をプリントショップに持ち込むことに決めた。

人は失敗し、学び、それを生かして前に進むのだ。

我が家のアイドル文鳥さんの写真集を作る

我が家には、「シナモン文鳥」という種の文鳥さんがいる。

非常に自己主張がハッキリしている我が家のアイドルである。

以前、スズメを飼っていた方の記録を読み、もっと写真を残しておけばよかったという言葉が印象に残った

『ある小さなスズメの記録』 クレア・キップス 【読書感想・あらすじ】 | neputa note

あらすじ 第二次世界大戦下のイギリス。夫に先立たれた一人の老ピアニストが出会ったのは、一羽の傷ついた小雀だった。愛情深く育てられたスズメのクラレンスは、敵機の襲来に怯える人々の希望の灯となっていく―

blog card

生物学的に文鳥の寿命は人間よりも短命である。

あるいは人間が先に亡くなることもあるにはある。

いずれにせよ限られた日々を記録しておくことは良いことだ。きっとそうだ。

せっかく庶民が撮影機を手軽に入手できる時代を生きているのだから、その恩恵を放棄する理由はない。

しかしだ。パートナーの写真集の話しと同様、撮り過ぎた。親バカがバカがつくほど過ぎて撮り過ぎた。

撮り過ぎて選べないので、同様にマンスリーベストショット方式を採用し、今年から実施することとする。

人は失敗し、学び、それを生かして前に進むのだ。

手話の勉強を始める

これは、かなり前から思っているのに着手できていない。

これはパートナーと共有している目標であり、向こうは昨年しっかり着手していた。

一方のわたしは情けないことにまったく手についていない。

今年こそ、だ。

手話にまつわる好きな話がある。

Netflix で見ることができるドラマで「マスター・オブ・ゼロ」という作品がある。

コメディアンのアジズ・アンサリという方の作品である。

マスター・オブ・ゼロ - Wikipedia

ある店内でカップルが性生活における不満を手話でやや激しく討論していた。
手話を理解できる人はいないと思い、そのカップルは遠慮がなかったのだろう。
だが、小さな子供を連れた母親が「この子は手話がわかるの、公共の場でそんな話をするな」とカップルに詰め寄る。

ちょっとした小話だし、書いていてなぜこのエピソードを思いだし引っ張り出して来たのかわからなくなったが、がんばって手話学習を始めたいと思う。

パートナーと公共の場で内緒話をしたいし、手話話者の方と会話を楽しみたいのだ。

読書時間を増やす

視力が壊滅的に酷いことになり読書時間がぐっと減ってしまったことからこのような目標を立てたのだった。

結果として、1カ月に1冊というペースではあるが前々年に比べれば大きな進歩である。

読みたい本は日々積みあがっている。

メガネがいまいちなのでもう一度作り直し、今年はもう少し読むペースを上げたい。

Duolingo ドイツ語終わらせる

「Duolingo」というアプリを使用して、ドイツ語の学習をしている。

Duolingo - Wikipedia

2020年にコロナ禍における鬱防止として、何となくドイツ語を選択して始めたもの。

おかげさまで毎日取り組むことはできているのだが、この目標は、目論見が甘かった、これに尽きる。

未知なる文化圏のまったく馴染みのなかった言語の学習がそう簡単に進むハズは無かったので、「2024年までにDuolingoのカリキュラムをひと通り終える」と目標を先延ばしにすることに決めた。

倫理を学ぶ

私は不道徳な人間であり、倫理観の欠如もひどいものと自覚している。

こんな私にもパートナーがいるので、迷惑をかけてしまわぬよう社会の一員である体裁をかろうじて繕うことはできている、と思う。

しかし、気を抜いたとき、無意識に脳内を巡る思考は決して口外できるものではない。

いまや中年という年齢であるにもかかわらず、ルールやモラルを「しゃらくさいモノ」と考えるフシがある。

なんとかしなければという思いもある。

そこで「宗教はハードルが高いが倫理ならどうか」と思い立ったのだ。

そのキッカケはNHKのとあるドラマだった。

ここは今から倫理です。 - NHK

20代を中心に異例の人気を誇る雨瀬シオリの異色の学園コミック『ここは今から倫理です。』を実写ドラマ化。日々価値観が揺さぶられ続けるこの世界で、新時代のあるべき「倫理」を問う。誰も見たことの無い本気の学

blog card

「倫理学」なるものの存在を初めて知った。そして、ドラマの中の学校に通い、倫理の先生に出会いたかったと心底思ったのだ。

そうすれば、すべてを憎んで過ごす10代や20代を回避できたのではないか。

しかし時は巻き戻すことはできない。

かといってすべてをあきらめてしまうには早すぎる。

いまから遅くはない、倫理学を学ぼう、早く人間になろう、今年こそ。

ドナー登録

当初は献血をしようという目標だった。

昨年、NHKの「ドキュメント72時間」で、とある献血ルームの回を見た。

ドキュメント72時間 - NHK

ファミレス、空港、居酒屋…。毎回、ひとつの現場にカメラを据え、そこで起きる様々な人間模様を72時間にわたって定点観測するドキュメンタリー番組。偶然出会った人たちの話に耳を傾け、“今”という時代を切り取

blog card

そこに出ていた方のひとりが「誰かの何かの役に立ちたい」ということをおっしゃっていた。

私はずっと自分本位のクソ野郎な人生を歩んできたので、今さらながら「誰かの何かの役に立ちたい」と思うのだ。

番組を見たときに「これだ!」と思ったのだが、「1980年から1996年の間に英国に1日以上滞在された方からの献血見合わせ措置」というものに引っ掛かり、私は献血ができない。

私は心身共にNGなのか、と思っていたところ、骨髄バンクのドナー登録であれば協力できるかもしれないという情報を得た。

骨髄バンクQ&A よくある質問・疑問

こんな私でも誰かの何かの役に立つ可能性があることが分かった以上、今年こそドナー登録を行う。

役に立ちたいとか、これも結局自分のためじゃないかと思うのだが、結果的に誰かが助かるのであればこんないい話はないはず、そう信じてやる。

昨年やろうと思っていなかったけどやったこと

考えてみれば、目標は「そこまで乗り気じゃないけどやらなければ」というものを掲げるものなのだなと思う。

だって、やりたいことは、わざわざ目標を掲げずともドンドンやるのだからな。

ということで好きなことを好き勝手やったことの話しとなる。

モバイルアプリ開発

発端は、ドイツ語学習と同じで鬱防止。なにか没頭できるものがないとコロナ禍で気持ちが塞いでエライことになると思い始めたもののひとつ。

物心ついたころから不眠症のため、睡眠記録を付けようと作ってみたのだ。

アラフォー初心者だけどスマホアプリを開発~リリースまでがんばってみた【Android・Xamarin.Forms】 | neputa note

この度、素人ながらスマホアプリ開発に挑戦してみました。今回の記事では概要と経緯について書き綴ってみたいと思います。実際に行った作業の詳細は、今後それぞれ記事を書き、こちらにリンクを追記します。作っ

blog card

いざ始めてみると、思いのほか楽しく、開発環境を整備したり、機能を組み込むために新たなプラグインを調べることに夢中になった。

それらを列挙し、「素人ながらいろいろオレやったな」と自分を甘やかすくだりなので読む価値は皆無だ。

開発環境

Azure DevOpsでプロジェクト管理やバージョン管理を行っている。

昨今よく目にするCI/CDなるものを意識しだし、昨年はAzure DevOps Pipelinesでビルドからリリースまでを自動化することにチャレンジしたりした。

だいぶ苦労したが、リリース作業がかなり楽になり良き。

アプリの機能に関連すること

  • Azure Functions
  • Microsoft Graph
  • Azure CosmosDB
  • Realm
  • Admob

Azure FunctionsとMS Graphは、認証で使用しているAzure AD B2Cのユーザデータをアプリから操作するため。

Azure CosmosDBとRealmは、アプリのデータ保存先として使用するため。

Admobは広告表示。

職業プログラマではないので、やりたいことを実現する手法を探し身に着けるプロセスは非常に楽しい。

仕事でやられている方々はほんとうに大変だと思うし尊敬する。

そういう方々が書いてくれた情報のおかげでいろいろ学べているので、この場を借りて心からの感謝の気持ちを記しておきたい。

本当にありがとうございます。

今年は、PCからも利用できるようWeb App(Blazorでやる)を作りたいと考えている。

やるぞ

LinuxノートPCゲット

これも好き勝手にやったことのひとつだが、いろいろ学びもあり楽しかった。

ノートPCがかねてからほしいと考えていた。

文章を書く、とりわけブログを書くことは自分の考えや気持ちを整理したりするのに大変良い。(読む側の迷惑はいったん置いておく)

スマホでもよいではないか、と思うのだが、中年の私はフリック入力よりキーボードという入力デバイスに慣れ親しみ過ぎている。

そうなるとノートPCだ。

だが、限られたお小遣いで私が「Surface」とか「Mac Book」とか買えるはずもない。

夢のまた夢かとあきらめかけていたとき、Linuxなら低スペック中古ノートPCでも快適に使えたりする話しを以前なにかで読んだことを思いだしたのだ。

Surface?Mac Book?これからの時代は中古ノートだ(SDGs)

早速いろいろ比較検討調査諸々を行い、Dellの型落ち中古ノートPCをゲットしLinuxをインストールした。

「Ubuntu 20.04LTS」を中古ノートPC(Dell Latitude 3380)にインストールする | neputa note

この記事の概要 中古のモバイルノートPCを入手し「Linux OS」の「Ubuntu」をインストールした経緯及び手順をまとめたもの。インストール対象機種 DELL LATITUDE 3380 2015

blog card

その後も入力周りやアプリの追加でつまづくことはありつつも、何とか満足いくモバイル環境をゲットすることに成功した。

このブログだってノートPCで書いている。画像だってノートPCで処理している。

これは個人的には劇的な変化だ。

こういう個人的に刺激のある環境整備は今年も恐れずたゆまずやっていこうと思った次第。

無観客ライブ

ご時世ということもあり、無観客ライブを初めて体験した年でもあった。

明日のたりないふたり(若林正恭 & 山里亮太)【ライブの感想】 | neputa note

2021年5月31日(月)18:30、「たりないふたり」という漫才ユニットの無観客配信ライブ『明日のたりないふたり』を見た。6月8日まではアーカイブ配信があるとのことなので期限を待って、ごくごく私的

blog card

【音楽】無観客ライブ、配信ライブの新しいカタチ【無料で観れるおすすめ9選】 | neputa note

2020年の始まりと共に襲来した「新型コロナウイルス」によるパンデミックは近年の私たちの生活を一変させました。2021年も押し迫るいま、国や地域によってその度合いは様々ですが、相変わらず恐ろしくもあり

blog card

これはこれで素晴らしい体験ではあったものの、やはり1日も早く以前の状況が戻ってくることを願ってやまない。

そして、配信とライブがうまいこと組み合わさった新しい形のエンタメが広がってほしいと思ったりしている。

今年やること

これが本題。

このネットという公共の場で書き散らし誓うのだ。

  1. パートナーと文鳥さんの写真集をマンスリーベストショット方式で年末に作成する
  2. 手話の勉強を始める(テキストを買う)
  3. 読書時間を増やす(月2冊)
  4. Duolingo ドイツ語終わらせる(2024年まで)
  5. 倫理を学ぶ(入門書を買う)
  6. 骨髄バンクドナー登録

うむ、昨年とほぼ同じ。

同じだが、このブログで一度反省し練り直したので昨年とは多少違うはず。

モバイルアプリの個人開発は好き勝手にやるだろう。

急に思い立ったやりたいこともきっとやるだろう。

だがやはりこれらの誓いを達成したい。

そして、来年はまた新たな目標が立てられるようにしたい。

さいごに

人類史のなかでも結構たいへんな時期にあるのだろう現代。

そのような中でこんなお気楽な目標を掲げたりして過ごせているのは、ひとえに多くの方々のおかげだと痛感している。

今年は昨年より、明日は今日より、皆々さまが少しでも良くなることを願いつつ、私も誰かの何かの役に立てるよう過ごしていたいと思う所存。

すべての人にとって良い一年となりますように。

【日記】2021年やったこと、2022年やること