【Azure AD B2C】新規テナント作成時のエラー対応メモ

2020/12/10
MS Azure logo

Microsoft Azure ActiveDirectory B2C の新規テナント作成時に発生したエラーの対処に関するメモ

エラーメッセージ

サブスクリプションが名前空間 'Microsoft.AzureActiveDirectory' を使用するように登録されていません。サブスクリプションを登録する方法については、https://aka.ms/rps-not-found をご覧ください。

エラー画面

エラーの原因

サブスクリプションに名前空間「Microsoft.AzureActiveDirectory」が登録されていないため。

対処手順

  1. 使用するサブスクリプションの概要ページを開く。
  2. 画面左メニューの「設定」の「リソースプロバイダー」を開く。
  3. サブスクリプション画面
  4. 「Microsoft.AzureActiveDirectory」で表示されているプロバイダーをフィルタする。
  5. リソースプロバイダー画面
  6. 「Microsoft.AzureActiveDirectory」を選択し、「登録」をクリックする。
  7. 状態が、「Registered」に更新されたら完了。
  8. リソースプロバイダー画面

以上で冒頭のエラーは回避できる。

Azure関連の記事

Azure Cosmos DB を使ってみる 【初心者の備忘録】 | neputa note

10年以上システム開発のブランクがあります。ただいま趣味でスマホアプリを開発中です。アプリの詳細はリリースできたらあらためて書きたいと思います。今回は、そのアプリでデータの永続化先として「Mic

blog card

アラフォー初心者だけどスマホアプリを開発~リリースまでがんばってみた【Android・Xamarin.Forms】 | neputa note

この度、素人ながらスマホアプリ開発に挑戦してみました。今回の記事では概要と経緯について書き綴ってみたいと思います。実際に行った作業の詳細は、今後それぞれ記事を書き、こちらにリンクを追記します。作っ

blog card

Azure DevOps Boards でタスクなどのアイテムを自動で作成するプラグイン「1-Click Child-Links」を使ってみる | neputa note

Azure DevOps Boardsのタスクを毎回作るのがめんどい個人開発ですが、タスク管理に「Azure DevOps Boards」を使っています。Taskを毎回手動で作るのはめんどいので「1

blog card