×

取調室のみを舞台に繰り広げる犯罪ミステリ「クリミナル」【Netflix オリジナルドラマ】

目次 [隠す]

Criminal image
出典:IMDb

ミステリ作品があるから生きています。

Netflixのオリジナルドラマ「クリミナル」という作品はご存じでしょうか。

公開は2年前となりますが、犯罪ミステリ好きにとってはたまらない作品です。

すっかりハマった私はいまでも繰り返し見ています。

「クリミナル」作品概要

4か国版による全4編

作品構成はイギリス編、ドイツ編、フランス編、スペイン編と4カ国版があります。

各編3~4話ほどなので、あっという間に一気見できるのではないでしょうか。

「リミテッドエディション」として登場した本作ですが、人気があったからかわかりませんが「イギリス編」のみシーズン2が2020年に公開されています。

限られた環境のみで展開するドラマ

タイトルに「取調室のみ」と書きましたが誇張です。

すみません。

厳密には、取調室、マジックミラーで仕切られた隣室、そしてそれら二部屋につながるエレベーターロビーが舞台です。

その他一切のロケーションはなく、このごく限られた空間で物語が展開していきます。

4カ国各編、それぞれ演者は入れ替わりますが、セットは同じ場所を使用しています。

同じ空間で、異なる言語・文化圏の事件が繰り広げられるのです。

わたしはこの設定だけでゾクゾクします。

裁判所と取調室という違いはありますが、『十二人の怒れる男』という映画と似ていますね。

各話の概要

基本的に、各話ごとにひとつの事件が扱われます。

取調室で被疑者と刑事が対峙し、彼らの会話から少しずつ何が起こったのか、どういう状況なのかが明らかになっていきます。

回想の映像なども一切ありません。

せいぜいスクリーンに映る証拠品や関係者の写真が唯一外界の存在を示す程度です。

ミステリ作品に関する個人的嗜好

ミステリ作品に惹かれる要素として、追う側と追われる側の関係性があります。

たとえ家族であったり恋人や親しい友人で会っても、どれだけお互いのことを知っているでしょうか。

ミステリ作品において、事件を起こした追われる側、つまり犯人は孤独であるという設定が多くあります。

そして犯人が引き起こす事件の複雑さは、犯人の孤独の度合いに比例する法則がありますね。

事件を解決するために犯人の動機に迫る必要があります。

ゆえに追う側は犯人の人間像を正しく理解することを強いられます。

「親密さ」という要素はありませんが、結果として最も犯人の人間性を理解するのは刑事や探偵となります。

愛情はなくとも最も理解する存在、その関係性にグッと気持ちを掴まれるのです。

その理解がピークに達する瞬間が取調室で表れるパターンが大好物です。

刑事は「やはりそうだったか」と自身の理解が正しかったことを知り、犯人は「こいつはぜんぶわかっていたのか」と諦めと安堵の入り混じった感情に包まれる。

ンアーッとなります。

つまこの「クリミナル」という作品は、その瞬間を毎話で味わえる「美味しさ濃縮お得パック」みたいなものでなのです。

取調室がハイライトとなる他の作品

私が最も好きな犯罪ミステリドラマは、イギリスBBCによる「ライン・オブ・デューティ」という作品です。

(2021/1/31時点 Netflixはシーズン5まで、AmazonとU-NEXTはシーズン3まで視聴可)

主人公は警察の警察、つまり警察組織内部の汚職を摘発する捜査班に所属しています。

つまり追う側、追われる側どちらも警察という特殊な設定のドラマです。

アクションや銃撃など派手なシーンなどもありますが、各シーズン共通してハイライトとなる場面は取調室です。

最も火花が散り、狭い空間で人間たちの感情が振れに振れ、結末へと至る。

たまりませんね。

この作品については、いずれ次のシーズンが公開された後ぐらいに個人的偏愛駄々漏らし記事を書きたいと思います。

最後に

ライン・オブ・デューティのこと書いてちょっと気が反れてしまいましたが、「クリミナル」です。

素晴らしい犯罪ミステリ作品です。

そして限られた条件があり、その制限を脚本、演出、演技で超えていく映像界の方々の素晴らしさに拍手を送りたくなる作品でもあります。

Netflixの回し者ではないですが、登録・解除が簡単にできるサービスなので試しに1カ月だけとか利用してみるのもありかと思います。

また、作品は限られますが登録不要で見れる作品もあります。

TV番組・ドラマを無料で視聴 | Netflix お試し無料配信

アニメ、韓国ドラマ、SFにドキュメンタリーまで。Netflixなら、お探しの作品がきっと見つかるはずです。まずは、Netflixがオススメする作品を無料でお試しください。

blog card img

皆さまもどうぞよい映像ライフを。

Comments

0 件のコメント :