×

Azure DevOps Boards でタスクなどのアイテムを自動で作成するプラグイン「1-Click Child-Links」を使ってみる

目次 [隠す]

Azure DevOps ロゴ

Azure DevOps Boardsのタスクを毎回作るのがめんどい

個人開発ですが、タスク管理に「Azure DevOps Boards」を使っています。

Taskを毎回手動で作るのはめんどいので「1-Click Child-Links」というプラグインを使用しています。

1-Click Child-Links ロゴ

「1-Click Child-Links」のインストール

  1. 以下のリンクからプラグインのページを開きます
    1-Click Child-Links - Visual Studio Marketplace

  2. 「Get it free」のボタンをクリック。
    手順1
  3. Azure DeoOps の組織を選択し、「Install」ボタンをクリック。
    ※権限が無い場合は、Administratorへ申請する画面が開くので許可を貰ってください。
    手順2
  4. 「You are all set!」が表示されたらインストール完了です。
    手順3

「1-Click Child-Links」の使い方

作成例の前提条件

※「Work item process」は「Scrum」を選択しています。Agile や Basic をお使いの場合は固有名詞を適宜読み替えてください。

作成例として「Bug」と「Product Backlog Item」に、それぞれ自動で追加するTaskのセットを設定します。

Bug

  • 再現・原因調査
  • * テスト作成
  • * 実装・修正
  • * ローカルにコミット
  • * リモートへプッシュ

Product Backlog Item

  • 技術調査
  • 設計
  • * テスト作成
  • * 実装・修正
  • * ローカルにコミット
  • * リモートへプッシュ

「*」は共通、それ以外はItem固有のTaskです。

実際に作ってみる

  1. Azure DeoOps のプロジェクトページ左下の「歯車」をクリック
    手順4
  2. 画面右上の「左矢印」をクリック
    手順5
  3. Boards のエリアにある「Team configuration」をクリック
    手順6
  4. 画面上の「Templates」をクリック
    手順7
  5. 「Task」の「New template」をクリック
    手順8
  6. 各項目を埋め保存する

    Name : これはテンプレート名、ご自由に。

    Description : 重要。どのWork Itemに対して生成するかを括弧[]内にカンマ区切りで記載する。
    画像の例は、『「Product Backlog Item」と「Bug」に、このテンプレートを自動追加する』設定。

    Add new field : デフォルト値をここで定義する。

    Add a comment : テンプレートのメモ。

    手順9
  7. 「New template」または「Create copy」で必要分をどんどん追加する
    手順10
  8. こんな感じになる。
    画像の赤印は共通のTemplate、黄印はBug、青印はProduct Backlog Item固有の3種を登録した。
    手順11
  9. Bug に正しく「Bug固有」と「共通」のテンプレートが追加できるか試してみる。
    新規作成し保存する。
    手順12
  10. 保存したら、画面右上の「…」から「1-Click Child-Links」をクリックする
    手順13
  11. できました。
    手順14
  12. 以上です。

Comments

0 件のコメント :