neputa note

#海外

img of 『ミレニアム2 火と戯れる女』 スティーグ・ラーソン 【読書感想】
16 min read
BOOK

女性調査員リスベットにたたきのめされた後見人のビュルマンは復讐を誓い彼女を憎む人物に連絡を取る。そして彼女を拉致する計画が動き始めた。その頃ミカエルらはジャーナリストのダグと恋人ミアが進める人身売買と強制売春の調査をもとに、『ミレニアム』の特集号と書籍の刊行を決定する。ダグの調査では背後にザラという謎の人物がいるようだ

img of 『ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女』スティーグ・ラーソン【読書感想】
17 min read
BOOK

【ネタバレ有】月刊誌『ミレニアム』の発行責任者ミカエルは、大物実業家の違法行為を暴く記事を発表した。だが名誉毀損で有罪になり、彼は『ミレニアム』から離れた。そんな折り、大企業グループの前会長ヘンリックから依頼を受ける。およそ40年前、彼の一族が住む孤島で兄の孫娘ハリエットが失踪した事件を調査してほしいというのだ

img of 『特捜部Q Pからのメッセージ』~デンマーク発ミステリー【読書感想】
10 min read
BOOK

あらすじ その手紙は、ビンに収められたまま何年間も海中にあり、引き揚げられてからもすっかり忘れ去られていた。だがスコットランド警察からはるばる特捜部Qへとその手紙が届いたとき、捜査の歯車が動き出す。手紙の冒頭には悲痛な叫びが記されていたのだ。

img of 『推定無罪』 スコット・トゥロー 【読書感想】
10 min read
BOOK

あらすじ アメリカ中部の大都市、地方検事を選ぶ選挙戦のさなかに、美人検事補が自宅で全裸の絞殺死体となって発見された。変質者によるレイプか、怨みが動機か、捜査に乗りだしたサビッチ主席検事補は、実は被害者と愛人関係にあった間柄、容疑が次第に自分に向けられてくるのを知って驚く――現職検事補による世界的ベストセラー!

img of 『月と六ペンス』サマセット・モーム著【あらすじ・感想】
13 min read
BOOK

『月と六ペンス』あらすじと感想 ある夕食会で出会った、冴えない男ストリックランド。ロンドンで、仕事、家庭と何不自由ない暮らしを送っていた彼がある日、忽然と行方をくらませたという。パリで再会した彼の口から真相を聞いたとき、私は耳を疑った。四十を過ぎた男が、すべてを捨てて挑んだことは――。

広告