×

【Mozc】入力モードのデフォルトを「ひらがな」にする【Ubuntu 20.04LTS・fcitx】

目次 [隠す]

Ubuntu mozc ロゴ

本記事の背景

中古ノートPCにUbuntu 20.04LTS(日本語Remix版)をインストールした後の作業です。

『Ubuntu 20.04LTS』を中古ノートPC(DELL LATITUDE 3380)にインストールする【備忘録】 | neputa note

この記事の概要 中古のモバイルノートPCを入手し「Linux OS」の「Ubuntu」をインストールした経緯及び手順をまとめたもの。インストール対象機種 DELL LATITUDE 3380 2015

blog card

Ubuntuをインストールした後に行ったことをまとめようと考えていたが、最初に手を付けたIMEまわりの作業量が想定以上に多かったため別記事とすることとした。

IME関連で行った主な作業は下記の2つ。

  1. mozcのデフォルト入力モードを「直接入力」から「ひらがな」に変更する(今回記事)
  2. 入力切り替えのショートカットキーを割り当てる(次回記事)

Ubuntu 20.04LTS の日本語Remix版には日本語IMEとして「mozc」がプリインストールされていた。

しかし、いざ日本語を入力しようとmozcをオンにすると、mozcの入力モードは「直接入力」がデフォルトで割り当てられている。このため Ubuntuにログインするたび、マウスで「直接入力」から「ひらがな」に切り替える手間が発生する。

これを解消するために必要な手順を調べたので備忘録としてまとめる。

今回作業の目的

  • Ubuntuにログインしmozcをオンにしたとき、入力モードがデフォルトで「ひらがな」を選択した状態にする。
  • 再ログインした後もこの状態が維持されていることを確認する。
  • 次の作業で「入力切り替えのショートカットキー割り当て」を行うとき、「fcitx」の機能を使いたい。よって今回作業は「fcitx-mozc」で行う。

システムおよびデバイス環境

OS

Ubuntu 20.04LTS (日本語Remix版)

IME

fcitx-mozc

エディタ(ソースファイル修正用)

vi

作業概要

  • 今回の問題である「入力モード」のデフォルト値は、ソースレベルで修正が必要である。
  • よってmozcのソースファイルを入手し、修正、ビルド、インストールを行う。
  • いくつか見かけた記事の「apt build-dep」をそのまま実施すると「パッケージが見つからない」エラーが発生する。
  • これの対処として、最初に aptの sources.listファイルを修正する。(root権限)

作業詳細

apt sources.list ファイルの修正

ターミナルを起動し、root権限にスイッチする

sudo su -

aptディレクトリに移動

cd /etc/apt

sources.listファイルのバックアップ

cp -p sources.list sources.list.$(/bin/date +"%Y%m%d")

sources.listファイル内のdeb-srcのコメントアウトを解除

sed -i -e "s/# deb-src/deb-src/" sources.list

root権限から通常ユーザに戻る

exit

必要パッケージのインストール

build-essential devscriptsをインストール

sudo apt update
sudo apt upgrade -y
sudo apt install build-essential devscripts -y

fcitx-mozをビルドする時に依存するパッケージをインストール

sudo apt build-dep fcitx-mozc -y

fcitx-mozのソース修正

fcitx-mozcのソースをダウンロード

apt source fcitx-mozc

vi でソースファイルを開く

vi $(find ./ -type f -name property_handler.cc)

83行目の false を true に修正する

const bool kActivatedOnLaunch = false;

これを

const bool kActivatedOnLaunch = true;

にする。

保存してソースファイルを閉じる(vi のコマンド)

:wq

fcitxのビルド~インストール

修正したfcitx-mozcをビルドする

cd mozc*/
dpkg-buildpackage -us -uc -b

fcitx-mozcをインストールする

sudo dpkg -i ../mozc*.deb ../ibus-mozc*.deb

再ログインする

IMシステムを「ibus」から「fcitx」に変更

Ubuntuにログインし、画面左のDockから、またはコマンド「gnome-control-center」で設定アプリを起動する。

左側の「地域と言語」を選択し、「インストールされている言語の管理」をクリックする

設定スクリーンショット01

言語サポートウインドウが立ち上がるので、「キーボード入力に使うIMシステム」を「ibus」から「fcitx」に変更し閉じる。

設定スクリーンショット02

再ログインし、mozcに入力を切り替えて日本語が入力できることを確認する。

終わりに

どうにか解決できましたが、日本語Remixに「mozc」を含めて配布する以上、普及の影響など考慮するとぜひ対処していただきたい問題だと思います。

次回は入力切り替えのショートカットキーを設定する作業についてまとめます。

「Mozc」の日本語入力ON/OFFショートカットキーを設定する(トグル無し)【Ubuntu20.04・USキーボード・Fcitx】 | neputa note

今回作業の目的 1. Ubuntu OS の日本語入力を切り替えるショートカットキーをカスタマイズする 2. 切り替えはトグル式ではなく、IMEのオンおよびオフそれぞれにショートカットキーを割り当てる

blog card

この記事が少しでもお役に立ちましたらこの記事をシェアしていただけるとはげみになります。

最後までお読みいただきありがとうございます。

参考サイト

関連サイト

『Ubuntu 20.04LTS』を中古ノートPC(DELL LATITUDE 3380)にインストールする【備忘録】 | neputa note

この記事の概要 中古のモバイルノートPCを入手し「Linux OS」の「Ubuntu」をインストールした経緯及び手順をまとめたもの。インストール対象機種 DELL LATITUDE 3380 2015

blog card

「Mozc」の日本語入力ON/OFFショートカットキーを設定する(トグル無し)【Ubuntu20.04・USキーボード・Fcitx】 | neputa note

今回作業の目的 1. Ubuntu OS の日本語入力を切り替えるショートカットキーをカスタマイズする 2. 切り替えはトグル式ではなく、IMEのオンおよびオフそれぞれにショートカットキーを割り当てる

blog card

Comments

0 件のコメント :