neputa note

全記事

最新記事 DEV BOOK MEDIA DIARY 全記事
img of 『月と六ペンス』サマセット・モーム著【あらすじ・感想】
13 min read
BOOK

『月と六ペンス』あらすじと感想 ある夕食会で出会った、冴えない男ストリックランド。ロンドンで、仕事、家庭と何不自由ない暮らしを送っていた彼がある日、忽然と行方をくらませたという。パリで再会した彼の口から真相を聞いたとき、私は耳を疑った。四十を過ぎた男が、すべてを捨てて挑んだことは――。

img of 素晴らしき読書体験に関する考察
4 min read
BOOK

大げさなタイトルを掲げたが、ごく私的な話である。私が読む本はフィクションがほとんどだ。しかしノンフィクションも好んで読む。ノンフィクションにおける重要な要素のひとつは事実であること。「事実である」、そのことが文章から受ける衝撃を深いものにする重要な要素であると私は思っている。

img of 『長く素晴らしく憂鬱な一日』 椎名誠 【読書感想】
9 min read
BOOK

あらすじ 仕事場から見える「新宿」は、不気味だ。地下鉄駅に佇む「夕子」。蛇をポケットにしのばせる詩人。スピーカーを背中にしょって説教する男。そしてぬめぬめの「新宿シルクロード」を酒場に向かって無気力に旅する男たち―。「新宿」という街は、それら孤独や喧噪や疲労をものみ込んで、また立派な朝を迎えていく。

img of 『銃』 中村文則 【読書感想】
7 min read
BOOK

雨が降りしきる河原で大学生の西川が出会った動かないくなっていた男、そのの傍らに落ちていた黒い物体。圧倒的な美しさと存在感を持つ「銃」に魅せられた彼はやがて、「私はいつか拳銃を撃つ」という確信を持つようになるのだが……。TVで流れる事件のニュース、突然の刑事の訪問――次第に追いつめられて行く中、西川が下した決断とは?

img of Kindleからhontoへ乗り換えてみた~電子書籍サービス10社を比較
22 min read
BOOK

電子書籍を利用したい。これまでAmazonに深く依存しておりkindleが極めて自然な選択肢。しかし他にどんなサービスがあるだろう?利用者の多い10社についてサービス・電子書籍リーダーを調べてみた。そして最も気に入ったのがhonto。後半はhontoについて深掘りし、kindleとの違いをまとめています。

img of 『遮光』 中村文則 【読書感想】
9 min read
BOOK

恋人の美紀の事故死を周囲に隠しながら、彼女は今でも生きていると、その幸福を語り続ける男。彼の手元には、黒いビニールに包まれた謎の瓶があった――。それは純愛か、狂気か。喪失感と行き場のない怒りに覆われた青春を、悲しみに抵抗する「虚言癖」の青年のうちに描き、圧倒的な衝撃と賞賛を集めた野間文芸新人賞受賞作品

広告